FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
毎回、成功するほど料理は甘くない!
今晩は。

無精髭が目立ってきた トッビーノです。




今日は、朝から晩まで、自宅にて試作に没頭です。

過去の自分のレシピとアレンジを加え、
イメージしながら作るのが私のスタイルなのですが、
2・3回作ってある程度形になるものと、
なかなか納得のいく作品にならない事もしばしば。

クリームパスタのソースは完成したのですが、
トマトクリームパスタが、なかなか自分の納得のいく味に近づけない現状。

という事で、メニューに入れていた
「グリルチキンのちょっぴり辛口トマトカルボナーラ」の商品ですが、
大変申し訳ございませんが、グランドメニューには置かず、
改めて完成後に、オススメやランチメニューにてご提供致します。




私は過去に、試作のプレゼンの時にイメージだけで調理して失敗した経験があります。

やはり食べてもらう人(お客様)に、自分がその料理の味をしっかりと把握せずに
独り善がりのイメージで提供してしまうのは、大変に失礼な事です。

ですので、10人中10人が美味しいと思えるものを提供するのは難しいですが、
少なくとも、数人が「まあまあだね。」「何となく記憶に残る味。」と思える料理提供を
目指して作品を研究しております。



料理は感覚だけではなく、
調理理論や調理化学・調理法則を理解しながらイメージし、
それを元に、素材の状態や特性を感知できなければ、
なかなかヒット商品を生む事が出来ない難しさがあります。

その課題がクリア出来た時は、仕事冥利に尽きるものです。




過去にお客様から頂いたコメントで

「苦手だった食材が、このお店の料理を食べてから食べれるようになりました!」
「普段は食べないんだけど、この店のこの料理だと何故か食べてしまうんだよね。」

☝この言葉頂けることは、作り手としては本当に嬉しいものです。




まだまだ試作品を作らねばなりませんが、
1人+1人・・・の積み重ねで、JAPASTAファンのお客様を取り込めるよう、
お店の心臓部でもある商品に関しては、妥協せずにメニュー作成していきます




しかし15年以上、この業界に携わってますが、
料理は奥が深く(ゴール地点が無く)、いつでも興味があるジャンルです。


2011101519550001.jpg 2011101515110002.jpg
☝納得いかずの商品
 「グリルチキンのちょっぴり辛口トマトカルボナーラ」
 「タラモチーズのグラタン」

2011101519540000.jpg
☝グリルチキンのシーザーサラダ






JAPASTA開店まで あと 27日

スポンサーサイト
[2011/10/15 23:01 ] | 飲食店開業までの軌跡 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<JAPASTAのお酒のご紹介。 | ホーム | 工事進捗状況①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。