FC2ブログ
こだわりの米料理。
おはようございますトッビーノです

昨晩も帰宅後、バッタン休だったので
早朝からモヒートと白ワインをたしなみながらブロッグってま~ッス。



昨日は、私のブログをかなり気にして見てくれているウチのアンちゃんと
(確かな年齢を忘れてしまったが)確か83歳になるバァちゃんが遂にJAPASTAに来店。
恐らく初めて私の手料理を食べて頂きました。
色々サービスしたつもりが、従業員にチップと作り立ての筍ご飯まで頂きスイマセン。。。
久し振りに我が家の手料理をまかないの時に頂きましたが「おフクロの味、美味いッス!」
これまた意外にも、炊き込みご飯ってワインに合う場合があるんですよ。
トッビーノのは時々、純和風の炊き込みご飯の上に
パルメザンチーズとEXバージンオリーブ油をかけて食べるスタイルがあります。
今回はかけなくとも白ワインに合うお味でした。何かの参考にしたいと思います。



夜は生憎の雨模様で、祝日にしては客足がちょっと弱めでしたが
私と同年代であるグループのお客様がご来店し、
炭水化物とワインを多くご注文頂きました!田○院長に感謝!!
またのご来店、お待ちしておりまーッス


さて今回のブログの内容は、当店のこだわり料理である

【JAPASTAの米料理】

です。


JAPASTAでは、ただ今4種類の米料理を販売しておりますが、

JAPASTA流 エビとベーコン・卵の和風ピラフ
(⁰︻⁰) ☝「チャーハン?」ですが、かなり研究してメニュー化した
中華屋さんにあるようなエビとベーコン・卵のピラフ
¥830


喫茶店にあるようなエビとベーコン・卵のピラフ
(⁰︻⁰) ☝最近、かなり出数が伸びてきており、リピート率が高い
喫茶店にあるようなエビとベーコン・卵のピラフ
¥830


(写真はありませんが)ワインとの相性バッチしの
レストランにあるような漁師風のトマトピラフ ¥880

JAPASTAのリゾット
(⁰︻⁰) ☝そして当店のヒット商品
JAPASTAのリゾット ¥880
別メニューのイタリアンなセロリ炒めを食べ終えた後のオプションのリゾットがオススメ☝


そして本題ですが、

以前はピラフ用のお米を以下のように仕込んでおりました

炊飯⇒冷凍⇒解凍⇒冷凍⇒解凍⇒使用

冷凍と解凍を2回繰り返すことで、
お米のグルテン(粘りのもと)が完全に除去され、パラパラになります。
しかし、これではお米自体の「ふっくら」とした食感も失います。

そこで!!

研究に研究を重ねて

?????????????????????????????

内容は非公開ですが、

パラパラ!お米ふっくら!!」

の改良に成功し、既に切り替えて販売しております。


パスタだけではない、自信作である当店の米料理を
是非ともご賞味下さい









スポンサーサイト



[2012/05/05 06:01 ] | JAPASTAの米料理 | コメント(0) | トラックバック(1)
| ホーム |